蜂の被害を滋賀県で解決!

ハチ駆除の修理隊

当社からのご挨拶

日本の存在する蜂の生息数は、おおよそ4000種類ほどが生息しています。
その中で一番凶暴で人に危害を与えて迷惑をかけているハチと言えばスズメバチです。そして、街中でよく見かけるのがアシナガバチで、このハチは人が住む近くに巣を作る割に害虫などを駆除してくれるので、あまり近寄らない場所に巣を営巣している場合には、そのままでも大丈夫で見守ることもいいでしょう。
しかし、スズメバチは毒性が強い上に何度も攻撃をしてきますので、重症になってしまう危険性があるのです。こうした危険から身を守るためには、ハチの巣があれば巣を駆除する必要があります。その時には、当社スタッフに駆除を依頼ください。当社では、滋賀県など関西圏で害虫や害獣の駆除を行っております。家のどこかでハチを見つけた、ハチの巣があったということでしたらご遠慮なくご依頼ください。
ハチは家の外壁、庭の植え込み、ベランダなどにも巣を作ります。こうした巣を見つけられましたら、仮に刺されてしまうとアナフラキシーショックの発症という最悪に結末をもたらすこともありますので、できる限り近づかずにハチ駆除の修理隊に排除のお申し付けをしてください。

また、ハチの修正として家の中や通気口の内側に巣を作ることもあります。
ほとんどの場合には、庭やベランダに巣を作りますが、実は隙間から家の中に入り込み巣を作ることがあります。例えば屋根裏のスペースに巣を作られてしまったり、床下にある通風口から侵入されて床下に巣を作られてしまったりすることもあります。
そうなると室内にもハチが入ってくる危険性があり、室内にハチの餌になるようなものはあまりありませんが甘い匂いを好んでいるために、それらにつられてしまう習性があるのかもしれません。
そうならないためにも宅内への侵入を阻み侵入されないようにする防衛するしかありません。また、侵入されてしまった放置することなく早期行動が大切になります。ハチのことでお困りでしたらなんなりとご相談ください。


お客様からの評価
花壇からカチカチ音がする 物置の内側にハチの巣
ハチが天井にいて心配だった ハチが怖い

当社からのご案内


営巣しやすい場所

修理依頼手順